宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2008年2月5日(火) 14:11

裏方さん紹介~「キャンプ盛り上げたい」~

楚南さん、砂川さん/J・TAP協力会宮古支部


のぼりを設置した楚南さん(右)と砂川さん

のぼりを設置した楚南さん(右)と砂川さん


宮古島市民球場や空の玄関口・宮古空港などには、球団を歓迎するのぼり約千本が来島した選手らを出迎えている。
のぼり設置の中心となったのはJ・TAP協力会宮古支部の楚南和英さん。楽天のキャンプ地である久米島を訪れた際、選手名を記したのぼりが目に付いた。「ぜひ宮古でもやりたい。絶対に盛り上がる」。
二〇〇六年春季キャンプ前に商店街など各企業を回り、協賛を募った。同年は清原和博内野手らの加入もあり、約三百万円が集まった。のぼり千二百本を市内各地に設置し、島をオリックスカラーに染めた。
今年も約四十社から協賛が集まった。宮古観光協会青年部、宮古青年会議所などの協力を得て設置、歓迎ムードを高めた。
楚南さんは「協力してくれた各社には感謝している。今後は協賛各社と球団が交流会などを持てるように取り組みたい」と話す。のぼり製作の余剰金は宮古島オリックス・バファローズ協力会に寄付し、資金面でもキャンプをバックアップする。
同支部の砂川靖夫さんは「キャンプの経済効果は十一億円。宮古の観光や経済に絶大な影響力があり、子どもたちの夢も育てている。今後も支援していきたい」と話した。


のぼりを設置した楚南さん(右)と砂川さん

のぼりを設置した楚南さん(右)と砂川さん


市民球場や空の玄関口・宮古空港などには、球団を歓迎するのぼり約千本が来島した選手らを出迎えている。
のぼり設置の中心となったのはJ・TAP協力会宮古支部の楚南和英さん。楽天のキャンプ地である久米島を訪れた際、選手名を記したのぼりが目に付いた。「ぜひ宮古でもやりたい。絶対に盛り上がる」。
二〇〇六年春季キャンプ前に商店街など各企業を回り、協賛を募った。同年は清原和博内野手らの加入もあり、約三百万円が集まった。のぼり千二百本を市内各地に設置し、島をオリックスカラーに染めた。
今年も約四十社から協賛が集まった。宮古観光協会青年部、宮古青年会議所などの協力を得て設置、歓迎ムードを高めた。
楚南さんは「協力してくれた各社には感謝している。今後は協賛各社と球団が交流会などを持てるように取り組みたい」と話す。のぼり製作の余剰金は宮古島オリックス・バファローズ協力会に寄付し、資金面でもキャンプをバックアップする。
同支部の砂川靖夫さんは「キャンプの経済効果は十一億円。宮古の観光や経済に絶大な影響力があり、子どもたちの夢も育てている。今後も支援していきたい」と話した。

  • 宮古島の人口

    令和2年4月1日現在

    宮古島市 54,458 人
    27,460 人
    26,998 人
    世帯数 27,853 軒
    多良間村 1,111人
    602 人
    509 人
    世帯数 514 軒
  • 天気


  •  

    2008年2月
    « 4月   4月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2