2010年7月14日(水) 16:07

「親切」「食事おいしい」/市長にホームステイを報告

下地市長(後列右から5人目)を表敬訪問した呂豊謀校長(同6人目)や生徒たち

下地市長(後列右から5人目)を表敬訪問した呂豊謀校長(同6人目)や生徒たち

 台北・復興高級中學  ホームステイ交流のため来島している台北市復興高級中學の呂豊謀校長と生徒らが13日、市役所平良庁舎へ下地敏彦市長を表敬訪問した。    宮古高校と1999年に姉妹校締結した復興高級中學。両校は互いにホームステイを受け入れ交流を深めている。今回は復興高級中學から生徒8人、教諭やPTA役員など引率者5人の計13人で来島した。    平良庁舎を訪れた一行は、下地市長に交流の記念品や生徒が作った詩をまとめた本、今年11月から台北で開催される国際花博覧会のパンフレットなどをプレゼントした。      下地市長からホストファミリーについて訪ねられた孫開政君(2年)は「すごく親切にしてもらっている。食事もおいしい」と日本語で答えた。呂豊謀校長は「(宮古高校の)川満校長やホストファミリーの心配りに感動している」との思いを示した。  復興高級中學のホームステイは17日まで。