2010年9月5日(日) 10:04

JA出荷は32㌧/10年産マンゴー

全国的に好評を博している宮古島産マンゴー(資料写真)

全国的に好評を博している宮古島産マンゴー(資料写真)

前期比11㌧増 品質向上課題に  JAおきなわ宮古地区営農振興センターが今年出荷したマンゴーは、前年比11㌧(52%)増の32㌧となった。農家の生産量増や、6人が新たにJAを利用したことを要因に挙げている。来期は50㌧を目指す。    県は昨年3月宮古島産マンゴーのブランド化を視野に、市を拠点産地に認定した。ブランド化のキーワードは「定時、定量、定品質」出荷。JAは今後の課題に、ばらつきのある品質の平準化や、JA利用促進による量の確保などを示す。    平均キロ単価は、前年並みの1400円となった。上野の農家は「不景気や産地間競争で、マンゴーの市況は厳しくなった。1400円は、普通程度の価格」と分析した。    今後に向けては、色付きの良い高品質マンゴーの生産が、所得向上のポイントになると強調。「良い物は1個4、5千円もする」と話した。    JAのマンゴー出荷は、6月13日に始まり7月末に終了した。
  • 宮古島の人口

    平成28年12月1日現在

    宮古島市 54,067 人
    26,962 人
    27,105人
    世帯数 25,874軒
    多良間村 1,182 人
    634 人
    548 人
    世帯数 527 軒
  • 天気


  •  

    2010年9月
    « 8月   10月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2