宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2010年9月13日(月) 20:48

小、中学校10校で大運動会/若い力、グラウンドに躍動

学年代表のリレー競技。最後の運動会になる3年生は力の限り力走した=12日、平良中グラウンド

学年代表のリレー競技。最後の運動会になる3年生は力の限り力走した=12日、平良中グラウンド

 宮古地区の10小、中学校で12日、運動会が行われた。各校の児童生徒たちが練習の成果を発揮して競走競技や演技、ダンス、組体操などを披露。グラウンドいっぱいに躍動し、応援に訪れた父母や地域住民を喜ばせた。    平良中学校  平良中学校(野原敏之校長)の運動会スローガンは「巻き起こせ平良中旋風!感動のドラマ今ここに」。531人の生徒が一致団結して年に一度の大運動会を盛り上げた。    開会式で、野原校長は「運動会で得た達成感や充実感、そしてチームワーク、団結力を日本一の学校づくりに生かしていこう」などと話した。    続いて城間樹生徒会長が決意を表明。「学級や学年、そして全校生徒で積み上げてきた練習の成果を発揮して最後まで頑張ろう」と力強く呼び掛けた。    この後、学年代表によるリレー競技で運動会がスタート。生徒たちは強い日差しにも負けず元気よく力走し、共に学び会う仲間と息の合ったバトンリレーを見せていた。    リレー競技が終わるとリズムダンスや各学年による特技、組体操などが行われた。全男子は組体操で圧巻の演技を披露し、これまでの練習で培ったチームワークの成果を堂々と発表していた。