2010年9月13日(月) 20:50

レンタカーフル稼働/紳助さんの番組後押し

友人4人でレンタカーを借りた女性たち=12日、市内のレンタカー事業所

友人4人でレンタカーを借りた女性たち=12日、市内のレンタカー事業所

 市内の大手レンタカー事業所の職員らによると、例年は夏休み後の9月は貸し出しが一段落する時期だが、今年は引き続きフル稼働している。職員らは「島田紳助さんのテレビ番組の影響では」と分析。観光客らは「紳助さんの番組が、宮古島に関心を持つきっかけになった」と話している。


 地域活性化支援を目的とする「紳助社長のプロデュース大作戦」では、民宿の改築から経営までを通して、宮古島の自然や素朴な人柄、郷土料理などを紹介し、島のPRに。一役かっている。


那覇市に住む仲原善勝さんは、紳助さんの番組を見て興味を持ち、親せき8人で来島した。12日に民宿「夢来人」を訪ねた仲原さんは「対応が親切で良かった」と感想を話した。


福岡に住む女性は「きれいな海を満喫したい。夢来人にも行く」と笑顔。

友人4人で訪れた吉尾友里さん(同志社大4年)は「来たついでに、夢来人も行って見たい。宮古は海がきれいと聞いている。4人で相談し、数ある日本の離島の中から宮古島旅行を決めた」と、宮古に魅力を感じている様子。


 レンタカー事業所の職員は「客の約7割から、夢来人の場所を聞かれる」と話した。

 番組は4月に始まり、夢来人は、8月19日にオープンした。経営にはお笑いコンビの「レギュラー」が奮闘。現在も連日撮影が続き、大勢の観光客が訪れているという。