2010年11月22日(月) 23:15

上地洋太郎(ようたろう)さん(25歳)/宮古島若田接骨院

「ありがとう」が励み


上地洋太郎(ようたろう)さん(25歳)

上地洋太郎(ようたろう)さん(25歳)

 高校生活を本島で過ごした洋太郎さんは「約10年ぶりに帰ってきた。時間がのんびりしていていい」と久しぶりの地元を満喫する。



 ひざを痛めて通院した経験がもとで、那覇でリハビリ助手をしていた。今年3月に柔道整復師の資格を取り、開院スタッフとして5月に宮古へ帰ってきた。


 小学生からお年寄りまで来院する。人と接するのが好きで、「宮古の人にもっと接骨院のことを知ってほしい」と朝から夜まで働く。励みは患者さんの「ありがとう」の声だとか。「まずは院を軌道に乗せるのが目標」と、日々頑張っている。


 施術管理者の山本将也さんは、「親しみやすい人柄で、上手に話を聞きだしながら治療している。本土出身の自分は宮古のことも教えてもらい、そういった面でも助かっています」と人柄の良さを語った。