2010年11月26日(金) 9:00

川満さんらに第1号報償/退職消防団員

12人に賞状など伝達


退職消防団員報償を伝達された皆さん=25日、宮古島市消防本部

退職消防団員報償を伝達された皆さん=25日、宮古島市消防本部

 退職消防団員報償伝達式が25日、市消防本部で行われた。第1号報償(勤続25年以上)が川満正昭さんら8人に、第2号報償(同15年以上25年未満)が与那覇武さんら4人にそれぞれ贈られた。


 退職報償は、退職消防団員の多年にわたる労苦に報いることを目的に、消防庁長官から贈られている。


 受賞者を代表して川満さんは「消防署の皆さんの指導のたまもの。退職しても市民のため、地域のために頑張りたい」と述べた。


 市消防団の前川尚誼団長は「地域を守っていただいた。引き続き地域のリーダーとして後輩たちを指導してほしい」と語った。


 報償を受けたのは次の皆さん。
 【第1号報償】川満正昭(勤続31・7年)▽長崎富夫(同25・2年)▽与那覇諭(同年)▽内間秀勝(同)▽渡真利貞光(同)▽下地弘清(同)▽友利龍雄(同)▽下地信栄(同)
 【第2号報償】与那覇武(勤続21年)▽津波古幸男(同20・8年)▽狩俣明(同18・6年)▽高江洲恵伝(同16・6年)