宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2010年11月6日(土) 9:00

県警音楽隊の演奏満喫/ちゅらさんコンサート

島の安全・安心をアピール

観客らに感動を与えた県警音楽隊の生演奏=5日、マティダ市民劇場

観客らに感動を与えた県警音楽隊の生演奏=5日、マティダ市民劇場

 「ミュージックパトロールin宮古島県警音楽隊~ちゅらさんコンサート~」(主催・県警本部、宮古島署、市教育委員会)が5日、マティダ市民劇場で行われた。音楽隊など総勢約100人が出演。隊員の歌・三味線のソロと演奏で沖縄を代表する民謡の一つ「安里ユンタ」を披露。観客は馴染みの名曲を心行くまで満喫した。


 宮古島警察署の出し物は寸劇「安全・安心」。出演者は自転車に鍵を掛ける盗難防止や酒で酔って道路で眠る「路上寝」根絶を訴えた。


 次いでパニパニJrが「宮古まもる君のうた」、「みーや」を歌い盛り上げた。歌手Hiraraが熱唱した後、吹奏学部は北中、平良中、宮古高校・宮古総合実業高校と続いた。


 演目の合間には宮古島署の島袋令署長、川上哲也市教育長らが、地域と警察の連携による青少年の健全育成など呼び掛けた。