宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2010年11月6日(土) 23:30

2010年10月31日~11月6日

ニュースウイクリー
10月31日~11月6日


ヤシなど植樹、エコに協力/第1回宮古島マラソン
 第1回エコアイランド宮古島マラソンを記念し、大会長の下地敏彦市長や出場選手が30日午後、市多目的前福運動場で記念植樹を行った。マニラヤシなど200本を植樹、緑あふれるエコの島づくりに貢献した。(10月31日掲載)



児童生徒の部が開幕/市民総合文化祭
 第5回宮古島市民総合文化祭児童生徒の部が30日、市中央公民館で開幕した。初日から多くの市民が来場して書道、美術、文芸、自由研究の入賞作品計587点を鑑賞、子どもたちの豊かな感性と高い表現技術に関心を寄せた。(10月31日掲載)


創立120周年盛大に祝う/城辺小学校
 城辺小学校の創立120周年記念式典と祝賀会が31日、同校体育館で行われた。大勢の卒業生や関係者らが出席し、120年の歩みを振り返り祝うとともに、児童たちの今後の活躍や教育の充実発展を祈念した。高額寄付者や歴代校長、歴代PTA会長への感謝状贈呈も行った。(11月1日掲載)


1362人が完走/第1回エコマラソン
 市制5周年を記念した第1回エコアイランド宮古島マラソンが31日、市陸上競技場を発着点とする同競技場付設公認マラソンコースで行われた。フル709人、ハーフ704人の計1413人が出場。秋晴れの下、宮古島の自然を満喫しながら完走を目指した。完走者は1362人で完走率は96・39%だった。(11月1日掲載)


新会頭に下地義治氏/宮古島商工会議所
 宮古島商工会議所は1日、市内ホテルで臨時議員総会を開き、新会頭に共和産業社長の下地義治氏(62)を全会一致で選出した。副会頭には宮古テレビグループ会長の藤村明憲氏(61)、丸筑自動車商会代表社員の下地信輔氏(53)が選ばれた。任期はそれぞれ同日から3年間。常勤の専務理事には副会頭だった砂川恵助氏(りゅうせき宮古支店統括顧問、62)が就いた。(11月2日掲載)


市、接種費用を助成へ/子宮頸がん予防ワクチン
 厚生労働省が子宮頸(けい)がんの予防対策として、2011年度予算の概算要求に150億円を計上したことを受け、宮古島市でも来年度から中学生を対象にワクチン接種費用について助成する方針で作業を進めている。同省は10代の女子中高生のワクチン接種費用を助成する市町村に対し、その3分の1を補助。宮古島市では残り3分の2を公費助成するか、負担にならない程度での利用者の低額負担も検討している。(11月3日掲載)


宮古関係4人が受賞/秋の叙勲
 政府は3日付で、秋の叙勲受章者を発表した。宮古関係者は宮古在住の平良邦夫さん(元中学校長)と砂川長一さん(元上野村議会議員)、沖縄本島に在住する砂川朝信さん(元短期大学長)と砂川昭さん(元沖縄地区税関次長)の4人。県内の受章者数は41人。伝達式は5~12日に皇居および関係省庁で行われる。(11月3日掲載)


洲鎌さん3位入賞/日本オープン歌謡選手権
 全日本オープン歌謡選手権大会がこのほど東京で行われ、県代表で初出場した洲鎌京子さん(55)=平良=が歌唱力を高く評価され3位入賞に選ばれた。入賞トロフィーの高さは165㌢。洲鎌さんは「小さい時の夢は、歌手になることだった。全国レベルに選ばれ、とてもうれしい」と笑みをこぼした。(11月5日掲載)


上半期執行率は42%/市10年度公共事業
 宮古島市財政課はこのほど、2010年度上半期(4月~9月)の公共事業執行状況を発表した。それによると、現年度分の工事執行額(契約ベース)は36億2000万円で、執行率は42・4%だった。工事予算総額の約60%を占める建設部と農林水産部の執行率が35~50%に止まった。前年度繰越分の執行率は91・8%で額にして17億1000万円だった。(11月5日掲載)


県警音楽隊の演奏楽しむ/ちゅらさんコンサート
 「ミュージックパトロールin宮古島県警音楽隊~ちゅらさんコンサート~」が5日、マティダ市民劇場で行われた。音楽隊など総勢約100人が出演。隊員の歌・三味線のソロと演奏で沖縄を代表する民謡の一つ「安里ユンタ」を披露。観客は馴染みの名曲を心行くまで満喫した。(11月6日掲載)


ホテル棟売却要項4社が受け取る/マリンターミナル社
 第3セクターの宮古島は1日から、ホテル棟売却処分に関する実施要項の配布を行っている。4日までに地元の3社と本土の1社が受け取った。要項に準拠した入札参加申し込みは、10日午後5時までとなっている。入札条件には①土地を含めたホテル棟の最低価格は11億8800万円(11月6日掲載)