宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2010年11月11日(木) 9:00

宮古では飛来初確認/迷鳥ハシボソガラス

宮古では初確認のハシボソガラス=4日、平良(撮影・伊良波彌)

宮古では初確認のハシボソガラス=4日、平良(撮影・伊良波彌)

 今月4日、平良に飛来していたカラスが、宮古では初確認の迷鳥ハシボソガラスであることが分かった。
 本紙の伊良波彌記者が写真に収めた。


 宮古野鳥の会の仲地邦博会長を通し、野鳥研究の権威組織である山階鳥類研究所(千葉県)に鑑定を依頼した。9日、研究所が「ハシボソガラスに間違いない」と同定した。


 ハシボソガラスは、日本では留鳥として九州以北に分布。沖縄本島では、数例が確認されている。


 ハシボソガラス(成鳥は全長50㌢)は、宮古や沖縄本島に分布する留鳥ハシブトガラス(同56㌢)と比べ、体が小さい。大きな違いは、くちばしが細い。


 宮古では、これまでハシブトガラス、迷鳥のミヤマガラス、コクマルガラスの3種が記録されており、今回のハシボソガラスの確認で4種となった。
 仲地会長は「宮古野鳥の会の記録に、1種追加された。うれしい」と喜んでいた。