2010年12月15日(水) 9:00

米軍輸送機が離陸/宮古空港

C130飛来、タイヤ交換


自粛要請の中、米軍2機(左がC130輸送機)が宮古空港を使用した=14日、宮古空港

自粛要請の中、米軍2機(左がC130輸送機)が宮古空港を使用した=14日、宮古空港

 米軍C9輸送機が県や宮古島市の自粛要請を押し切る形で宮古空港を使用し、車輪関係の機材トラブルを起こした問題で14日、交換用のタイヤを積んだ米軍C130輸送機が宮古空港に着陸した。米軍2機の駐機に対し民間空港の強行使用に反対する市民団体などはシュプレヒコールを上げて抗議した。C9輸送機の修理は正午すぎに終わり、午後0時39分に空港をたった。


 C130輸送機は午前11時10分に着陸。市民団体や連合沖縄宮古地域協議会が抗議する中、ごう音を響かせながら滑走した。その後交換用のタイヤを下ろして11時30分ごろには離陸した。


 13日午前に着陸した際、機体左外側のタイヤを損傷したC9輸送機の修理は駐機場で行われ、タイヤ交換を含めて正午すぎにすべての作業を終えた。


 今回の機材トラブルについて米軍は、左車輪にロックがかかってタイヤを損傷したと説明しているが、滑走の際にロックがかかった原因など、その詳細は分かっていない。


 米軍機が3日連続で宮古空港を使用していることに対して、市民団体などは抗議の声を上げ続けた。「米軍は今すぐ宮古空港から出て行け」「宮古空港の軍事利用許さない」などとシュプレヒコールを繰り返した。


 下地島空港の軍事利用に反対する宮古郡民の会の星野勉代表は県や宮古島市の自粛要請を押し切った米軍の行為に憤り「演奏会という名目で、すべてが米軍支配の中で行われた出来事だ。怒り、悲しみが大きい。このままでは島の平和が侵されてしまう」と話した。


 沖縄の基地問題調査で来県している新日本婦人の会埼玉県本部のメンバー31人も予定を変更して急きょ抗議行動に参加した。加藤ユリ会長は「今回の米軍の横暴さにびっくりしている。沖縄の人の苦しみをまるで分かっていない。沖縄の基地をなくすことが大きな課題であり、これが根本だと思う」と話した。


 米軍C9輸送機は12日に市内で演奏会を開いた米海軍第7艦隊音楽隊を乗せて宮古空港に着陸した。同機は同日のうちに宮古空港を離れたが、13日に音楽隊を輸送するために再び空港に着陸。この際にタイヤを損傷した。

  • 宮古島の人口

    令和元年7月1日現在

    宮古島市 54,698 人
    27,554 人
    27,144 人
    世帯数 27,615 軒
    多良間村 1,141 人
    608 人
    533 人
    世帯数 521 軒
  • 天気


  •  

    2010年12月
    « 11月   1月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2