2010年12月18日(土) 9:00

前年比320円下げ/11年産キビ

交付金トン1万6000円


 農林水産省は17日、再来年収穫する2011年産サトウキビのトン当たり交付金を1万6000円に決定したと発表した。現行の1万6320より、320円下げた。廃止が懸念されていた基準糖度帯は、維持した。


 糖度帯は現行の「13・1~14・3度」から「13・2~14・5度」に引き上げた。糖度が1度上下するごとに、100円加減される。


 農水省の試算によると、基準帯中間13・8度のトン当たり農家手取り額は、砂糖の国際相場が上昇しているため、前年とほぼ同水準の2万1412円(交付金1万6000円、原料代5412円)になるという。


 07年産以降据え置かれた交付金は、今回初めて改正された。


 農水省は当初①交付金を1万5860に引き下げ②基準糖度帯を廃止し、基準糖度14・5度を新設-などの案を示していた。


 生産者側は基準糖度帯が廃止された場合は、台風の影響による低糖度の年に交付金を下げ、経営の不安定を招くと反発。


 17日の民主党農林水産部門会議で、基準糖度帯を維持することで決着した。


 交付金の財源には、輸入糖に課す調整金などが充てられている。今回、砂糖の国際相場上昇を背景に引き下げられた。

  • 宮古島の人口

    令和元年10月1日現在

    宮古島市 54,752 人
    27,579 人
    27,173 人
    世帯数 27,740 軒
    多良間村 1,126 人
    602 人
    524 人
    世帯数 515 軒
  • 天気


  •  

    2010年12月
    « 11月   1月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2