2011年4月24日(日) 13:11

感動のドラマ、スイムでスタート/第27回全日本トライアスロン宮古島大会

午前7時、出場1347人が最初の種目スイム(3キロ)に挑む。水しぶきをあげて一斉にスタートする選手たち=24日、与那覇前浜ビーチ

午前7時、出場1347人が最初の種目スイム(3キロ)に挑む。水しぶきをあげて一斉にスタートする選手たち=24日、与那覇前浜ビーチ

 「海・風・太陽 熱き想い 君を待つ」をテーマに第27回全日本トライアスロン宮古島大会(主催・宮古島市ほか)は24日午前7時、与那覇前浜ビーチでスイムを皮切りにレースが始まった。


 最終出場者数は1347人。地元宮古を含む、東日本大震災の被災地・東北からも選手が参加し、スイム3㌔、バイク155㌔、ラン42・195㌔の3種目(総距離200・195㌔9)に挑んだ。


 今大会は、大震災の復興支援として位置付け。「日本は一つ」を合言葉に、「ワイドー日本」「ワイドー東北」トライアスロンの持つ力を全国にアピールした。スイムスタート時(午前7時)の気象状況は快晴、気温は17度、湿度73%、東の風1・3㍍だった。