宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2011年6月4日(土) 9:00

ホウレンソウ大好き/おおぞら保育園

野菜ランドみやこを見学


ホウレンソウは「大好き」と手を高く上げる子どもたち=3日、野菜ランドみやこ

ホウレンソウは「大好き」と手を高く上げる子どもたち=3日、野菜ランドみやこ

 平良のおおぞら保育園(與那覇高枝園長)は3日、みやこ福祉会(伊志嶺博司理事長)が運営する「野菜ランドみやこ」で水耕栽培を見学した。園児14人は「ホウレンソウは大好き」と歓声を上げ、伊志嶺理事長らを喜ばせた。



 体験学習の一環。子どもたちに、無農薬水耕栽培の素晴らしさを理解させることなどが目的。ハウス内にはホウレンソウが一面に青々と育っていた。


 與那覇園長は「台風2号でも被害がなく、とても良かった。今日の見学が、子どもたちの成長の糧にれば」と語った。


 伊志嶺理事長は「ホウレンソウは栄養のある水を吸収して育つ。土に植えるホウレンソウは約60日で収穫するが、水耕栽培は14日から15日で収穫する。水耕栽培のホウレンソウは生でも食べられ、とてもおいしい」と説明した。


 伊志嶺理事長が「ホウレンソウは好きですか」と質問すると、子どもたちは一斉に手を高く上げて「大好き」と声を響かせた。