宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2011年6月14日(火) 22:53

糸数 直也さん(19歳)/海宝館シーブルーム

「宮古島の海はきれい」


糸数直也さん

糸数直也さん

 焼けた肌がまぶしい糸数さん。今年2月に仕事で宮古島に移住した。
  担当業務はダイビングと鍾乳洞探検ツアーガイドの二つ。



 ダイビングはお客さんと一緒に海へ潜ったり、泳いだりして宮古の「海」の良さを伝えている。「4、5日前に間近でカメが泳いでいる姿が見られて感動した」と瞳を輝かせる。


 鍾乳洞探検ツアーは、お客さんに楽しんで頂けるように、説明のあり方を日々勉強している。


 「宮古島の海は透き通っていてきれい。でもたまに人が捨てたゴミが落ちている。きれいな海を汚さないでほしい」と海を大切にしている一人として呼び掛ける。


 「お客さんみんなが、喜んで帰って頂けるように、これからも頑張ります」。

 南城市出身。1991(平成3)年11月28日生まれ。