宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2011年6月26日(日) 9:00

6人の叙勲をたたえる/沖縄宮古郷友連合

余興繰り広げ盛大に


会員らの余興で舞台は盛り上がり、祝宴は夜遅くまで続いた=24日、那覇市、マリエールオークパイン

会員らの余興で舞台は盛り上がり、祝宴は夜遅くまで続いた=24日、那覇市、マリエールオークパイン

 【那覇支社】沖縄宮古郷友連合会(兼島恵孝会長)の2011年度定期総会・懇親会・叙勲祝賀会が24日、那覇市の式場で開催され、ことし春の在沖郷友叙勲受章者6人を会員全員で盛大に祝った。祝宴には宮古島市から下地明市議会議長らが駆けつけた。



 定期総会では、10年度活動、決算、監査報告、11年度の事業日程、予算案などが全会一致で承認され可決した。役員改選はなく、新年度も現体制で引き続き連合会を運営することが決まった。


 総会後の懇親会・叙勲祝賀会には約200人の会員が出席。ことし春の叙勲を受けた郷友仲間を会員らが祝福した。


 主催者あいさつで、兼島会長は「ふるさと宮古はスポーツアイランド、エコアイランドで、国内外から注目されるようになった。来る11月の『生まり島・ミャーク大会』の成功に向けて郷友会も応援していこう」と呼び掛けた。舞台は沖縄宮古民謡協会など会員らの余興が繰り広げられ、祝宴は夜遅くまで続いた。