宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2011年7月2日(土) 9:00

東保育所が開所1周年

園児ら踊りで節目祝う


「マル、マル、モリモリ」を踊る園児たち=1日、東保育所

「マル、マル、モリモリ」を踊る園児たち=1日、東保育所

 東保育所(垣花美恵子所長)は1日、園児の父母らを招き開所1周年を祝った。園児や職員らが歌い、踊り節目を飾った。同保育所は旧東保育所と東川根保育所が統合し、昨年7月に開所した。昨年は特別支援児を受け入れ、1日から病後児保育もスタートした。



 建物は延床面積867平方㍍と広く、園児たちが過ごす部屋はゆったりスペース。垣花所長は「旧施設と比べて保育環境が改善され、子どもたちは伸び伸びと過ごしている」と話す。


 舞台は園児の祖母である岸本和子さんのりりしい舞いで幕を開けた。3歳児がいま流行の「マル、マル、モリモリ」をかわいらしく披露。2歳、4歳児も元気いっぱい踊った。父母らが、大きな拍手を送った。


 最後は、全員で「カチャーシー」を踊り締めくくった。