宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2011年7月30日(土) 9:00

「安全面に問題なし」/市水産課

海中公園外壁の膨らみとはく離


一部コンクリートがはく離し膨らんだ状況になっている外壁=29日、宮古島市海中公園

一部コンクリートがはく離し膨らんだ状況になっている外壁=29日、宮古島市海中公園

 宮古島市海中公園の外壁コンクリートの一部分が膨らんでいる状況を受け、管理する同市水産課は29日、現場を確認し「台風や波の影響でコンクリートの壁が膨らんだのではなく、当初の施工段階でそうなった」と説明。「施設の安全面には何ら問題ない」との見解を示した。



 同市水産課によると、壁の膨らみは施工中にコンクリートを流し込んだ際、鉄骨の外枠が張り出した。「海側の壁でもあり強度には影響は無く、利用する上でも問題はない」と話した。


 一方、同じ壁の一部でコンクリートがはく離している件については「水中コンクリートの打ち継ぎ目であり、そのような現象が出る。補修で対応する」と述べた。