2011年8月18日(木) 9:00

波平さん(多良間小3年)全国準優勝/空手の糸東会選手権3年女子形

賞状を手に笑顔の波平さん=14日、東京武道館

賞状を手に笑顔の波平さん=14日、東京武道館

 【多良間】多良間小3年の波平芽萌瑶さんが第51回空手道糸東会全国選手権大会(14日、東京武道館)の形競技の小学3年女子の部で、準優勝の快挙を成し遂げた。各県の代表が参加した第11回全日本少年少女空手道選手権大会(6、7日、東京武道館)でも、前年に続きベスト16に入った。



 今回はジュニア日本の合宿に参加した後、大会に臨んだ。


 糸東会選手権大会には、小学生から一般まで約2000人、波平さんの部門には約50人が参加した。


 波平さんは、形の技を見事に決め相手を次々に負かした。「準優勝はうれしい」と感想。「来年は優勝したい」と目を輝かせた。


 波平さんを指導している海邦塾の仲村渠ゆかりさんは「小さな島からの準優勝は、本人の努力と周囲の支えから生まれた。私としても快挙に感動している。来年は、優勝しかない」と祝福した。