2011年9月1日(木) 9:00

当山さん「ホルベイン賞」/第46回たぶろう展

宮古から6人が入賞、入選


たぶろう展で入選、入賞した皆さん。(前列左から)安部さん、西里さん、当山さん。(後列左から)金城さん、大浜さん、橋本さん=31日、城辺福里のAQueria

たぶろう展で入選、入賞した皆さん。(前列左から)安部さん、西里さん、当山さん。(後列左から)金城さん、大浜さん、橋本さん=31日、城辺福里のAQueria

 国立新美術館で開催された第46回「たぶろう展」で、宮古から出品した当山光枝さんの作品「ヒトデの夢 You’ve got a friend」がホルベイン賞(入賞)を受賞した。安部幸子さんら5人は入選。当山さんは「入賞は信じられないけどうれしい」と話し、応募2回目での入賞を喜んだ。



 「たぶろう」とは、フランス語で絵・絵画の意。展示会は、絵・絵画を探求するたぶろう美術協会が主催しており、全国各地から応募作品が寄せられる。第46回展示会は6月8日から同20日まで開催された。
 宮古からは当山さんが入賞したほか、安部さん、大浜忠市さん、金城芳明さん、橋本仁美さん、西里恵子さんの5人が入選した。


たぶろう展で入賞した当山さんの作品

たぶろう展で入賞した当山さんの作品


 当山さんは、宮古島の海で生きるヒトデと米国のシンガーソングライターのキャロル・キングさんをM100号(縦約165㌢、横約100㌢)のキャンバスに描いた。ヒトデが見る夢の中で、キャロル・キングさんが高らかに歌っている姿をイメージした。
 半年間を要した製作では、西里さんが主宰するAQueriaで学んだ技術を生かした。爪ようじまで使用したという点描で細部の表現にこだわり、海は濃淡複数の青色で描写、空にはオオゴマダラを描いて東日本大震災の被災地へのエールを込めた。



 当山さんは「宮古の美しい海を描きたかった。描いている途中で東日本大震災があった。魂と祈り、心を込めて作品を描き上げた。1人じゃないということを伝えたかった」と話した。
 技術面で助言した西里さんは「まさに精魂を込めた作品。一心不乱で描き上げた姿が伝わってくる」と作品を高く評価した。

  • 宮古島の人口

    令和元年7月1日現在

    宮古島市 54,698 人
    27,554 人
    27,144 人
    世帯数 27,615 軒
    多良間村 1,141 人
    608 人
    533 人
    世帯数 521 軒
  • 天気


  •  

    2011年9月
    « 8月   10月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2