宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2011年9月1日(木) 8:55

池村清吉さん(81歳)(城辺字砂川)

「楽しみは晩酌」

 

池村清吉さん

池村清吉さん

 毎朝6時に起きて片道20分歩いて畑に出る。「今日も孫と一緒にキビの苗を植えてきたよ。午前中は涼しいから作業がはかどる」。隣近所の人たちも「清吉おじいは健康で働き者だ」と感心する。正午には家に戻り、昼食後は昼寝をしてのんびり過ごす。



 20歳のときから多良川酒造で働き、還暦まで勤め上げた。今でも毎年、多良川酒造から講演の依頼があり、お酒の造り方や現役で働いていたころのことを話す。「泡盛の造り方や技術の話は熱が入るね」。そんな清吉さんは晩酌を欠かさない。「酒はやっぱり『多良川』だね。お盆も子どもと孫たちと三日間飲めて楽しかったよ」とにこやかな表情で話す。



 「毎日のキビの手入れで体力を付け、子ども、孫たちがおいしいご飯を作ってきてくれるから健康。孫、ひ孫がたくさんできるまで長生きして、いっぱいかわいがるさ」と笑顔で語った。
 子ども5人、孫9人、ひ孫1人。

 1929年(昭和4)11月15日生まれ