2011年9月18日(日) 9:00

バランス良い食事学ぶ/おやこの食育教室

お母さんと料理楽しむ


児童は保護者と一緒に楽しそうに料理に挑戦した=17日、平良保健センター

児童は保護者と一緒に楽しそうに料理に挑戦した=17日、平良保健センター

 市食生活改善推進員協議会主催の「おやこの食育教室」が17日、平良保健センターで行われた。馬場保育所の園児と保護者ら8組約20人が参加し、バランスの取れた食事作りを学んだ。



 メニューはトマトジュースを使った炊き込みご飯風のトマトライスとブロッコリーやニンジンを材料にヨーグルトサラダ。それにコンソメスープとクレープを添えた。


 参加者は4班に分かれ、食改協1班の池間恵美子班長らの指導で材料をきざんだりゆでたりしながら、食事の準備をした。


 参加した園児は母親や祖母に教わりながら、野菜を切ったりゆでたりと料理に挑戦した。最後は全員で出来上がった料理を楽しんだ。


 おやこの食育教室は味覚や感性を養うのに大切な幼児期に、食べ物の味が分かる力▽食べ物の命を感じる力▽料理ができる力▽元気なからだが分かる力▽食べ物を選ぶ力-の「五つの力」を体験学習を通して学ぶことが目的。