2011年9月28日(水) 9:00

台湾漁船1隻を確認/池間漁協が尖閣諸島沖の調査終了



 池間漁協(浜川洋美組合長)所属の漁船が9月7日から実施していた、尖閣諸島沖での外国船・漁場調査は27日までに終了した。台湾漁船1隻を確認した。浜川組合長は「漁場調査では、トゥカキン(和名イソマグロ)やマーマチ(同オオヒメ)、シイラ、カツオなどが釣れる豊かな漁場だった。国が今後とも漁船の安全を確保していただければ、尖閣沖で操業したいという漁師たちがいる」と語った。



 国の外国漁船被害救済事業で9隻が実施した。国からの補助金は854万円。
 1隻当たりの1航海の調査日数は2泊3日で2航海したことから、延べ18隻が調査したことになる。漁場調査では、イソマグロなど計約2㌧を水揚げした。



 調査は、池間方言でアカウと称する大正島(別名赤尾嶼(せきびしょ)沖だった。
 一方、宮古島漁協(小禄貴英組合長)では、調査漁船5隻を計画。このうち1隻は終了し台湾漁船5隻を確認した。残りの4隻は今後調査する予定。国からの補助金は930万円。
 伊良部漁協(友利義文組合長)では今週中に調査漁船隻数と調査日を調整し、早ければ来週中に出港する。

  • 宮古島の人口

    令和元年9月1日現在

    宮古島市 54,764 人
    27,606 人
    27,158 人
    世帯数 27,737 軒
    多良間村 1,131 人
    604 人
    527 人
    世帯数 517 軒
  • 天気


  •  

    2011年9月
    « 8月   10月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2