2011年9月30日(金) 9:00

参加者、厳格化に困惑/改正食品衛生法来月1日施行

飲食・食肉加工業対象に講習会


講話に耳を傾ける参加者ら=29日、宮古合同庁舎

講話に耳を傾ける参加者ら=29日、宮古合同庁舎

 認定生食用食肉取扱者講習会(主催・宮古福祉保健所)が29日、宮古合同庁舎で開かれた。生食肉を扱う飲食業や食肉加工業の関係者ら約20人が参加し、改正される食品衛生法について理解を深めた。生食肉専用の設備が義務付けられるなど、基準が厳格化された。説明を受けた参加者らは「基準が厳し過ぎる」などと戸惑いの声を上げた。



 今回の改正は、今年4月に富山県で発生した集団食中毒事件がきっかけ。生食肉の衛生基準に強制力がなく、事業者で十分に順守されなかったとして、規格基準が設定された。10月1日に施行される。


 規格の対象となるのは、生食用として販売される牛肉(内臓は除く)で、ユッケや牛刺し、牛タタキなどが含まれる。


 生食肉を扱う専用の設備と器具が必要になることが、改正による大きな変更点。他の食品と相互汚染がないよう、明確に設備を分けることが求められている。


 生食肉は表面から1㌢以上を60度で2分間以上の加熱することや、定期的に検体を検査機関に提出することも定められた。違反した場合、回収命令などの罰則がある。


 食肉加工業の男性は「生食用の設備を新たに設置することは難しい」と困惑した表情。「これでは生食肉の販売ができなくなる」と嘆く参加者もいた。


 講習会は、安全性確保に必要な知識を習得するために開催。参加者らは「認定生食用食肉取扱者」の認定証が交付される。


 この日は▽生食用食肉の規格基準▽生食用食肉の取り扱いに係る留意事項▽食肉に関する衛生管理-について講話が行われた。

  • 宮古島の人口

    令和元年10月1日現在

    宮古島市 54,752 人
    27,579 人
    27,173 人
    世帯数 27,740 軒
    多良間村 1,126 人
    602 人
    524 人
    世帯数 515 軒
  • 天気


  •  

    2011年9月
    « 8月   10月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2