2011年11月29日(火) 9:00

大臣賞と農水祭参加を報告/宮国さん

下地市長「宮古の誇り」


下地市長(右)に大臣賞受賞と農林水産祭出席を報告する宮国さん=28日、市長室

下地市長(右)に大臣賞受賞と農林水産祭出席を報告する宮国さん=28日、市長室

 今年2月に県野菜品評会(主催・県やさいフェスティバル実行委員会)でトウガンが農林水産大臣賞を受賞した宮国寿成さん(29)=上野=が23日、東京・明治神宮会館で開催された第50回農林水産祭(農林水産省、日本農林漁業振興会共催)に県代表の一人として出席した。宮国さんは28日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、受賞と同祭参加を報告した。



 今年の農林水産祭には県内から宮国さんはじめ、花き品評会や畜産共進会、サトウキビ競作会などでの受賞者計6個人、2団体が参加した。


 市長室を訪れた宮国さんは、同賞を受賞していたことと、受賞者として農林水産祭に参加したことを報告。「賞を取れると思っていなかったので受賞できうれしかった。これからは、この賞に負けないよう頑張って、次は別の作物で賞を狙いたい」と語った。


 下地市長は「受賞おめでとう。大臣賞は個人としても良いことだが、宮古島の誇りでもある。これからも頑張ってください」と激励した。