2011年12月18日(日) 9:00

「優しい心を分けて」/歳末たすけあい

中高生が街頭活動


募金への協力を呼び掛ける伊良部高校の生徒たち=17日、サンエーショッピングタウン宮古衣料館

募金への協力を呼び掛ける伊良部高校の生徒たち=17日、サンエーショッピングタウン宮古衣料館

 2011年度「NHK海外たすけあい」義援金街頭募金が17日、市内5カ所のスーパー前で行われた。



 日本赤十字社県支部宮古島市地区の要請を受けて、市内の中学生と高校生が参加し、買い物客らに「世界に笑顔を取り戻すにはあなたの支援が必要です」「あなたの優しい心を少し分けてください」と訴え、募金への協力を呼び掛けた。


 日本赤十字社などを通じて、世界各地で苦しんでいる人たちのための人道的活動に充てられる同募金。宮古でも毎年、募金期間に合わせ街頭募金活動が行われている。


 サンエーショッピングタウン宮古衣料館前では、冷たい風が吹く中で、伊良部高校の1年生4人と2年生7人が募金箱を手に買い物客に「戦争、災害、不衛生な環境で苦しむ人々のために協力をお願いします」と呼び掛けた。