2012年1月1日(日) 9:07

始めよう!ノルディックウオーク

アップ、持久力、筋力向上も/フィンランド生まれのスポーツ


ノルディックウオーク

ノルディックウオーク

 2本のポールを持って歩くフィンランド生まれのスポーツ「ノルディックウオーキング」(NW)が注目を集めている。通常のウオーキングに比べてカロリー消費量が平均%上昇するほか持久力、筋力の向上などにも効果があるためヨーロッパを中心に世界各地で愛好者が急増。宮古島でも少しずつ広がりを見せている。健康づくりにとって良いことずくめのNW。あなたも始めてみませんか?


 NWは、1930年代にスキーのクロスカントリーの選手が夏場のトレーニングとして始めたのがきっかけ。選手たちがポールを持ってハイキングやランニングをしたことから考案された。


 このポールを持ってウオーキングが実践されたのは80年代に入ってから。97年には野外レクリエーションスポーツ協会とポール製造メーカー、フィンランドスポーツ研究所の3者共同事業によってウオーキング専用のポール開発と指導方法が確立された。


 NWで準備するものは運動靴とポールだけ。老若男女、誰でも気軽に楽しめるスポーツだ。


 ただ、ポールを正しく操作しないと効果が低減することも事実。健康運動指導士の平良真菜美さんは「宮古にもインストラクターがいるので、正しいNWをしてほしい」と呼び掛ける。


 正しいNWを身に付ければ、エネルギー消費量の上昇や持久力向上のほか▽首、肩にかけての凝りや痛みを解消▽首から背中にかけての柔軟性が向上▽背筋が伸びて姿勢が良くなる-などの効果が表れるとされている。


 市健康づくり推進員会長の饒平名久美子さんは「教室ではポールも貸し出しているので気軽に参加してほしい」と話し、NWの実践を勧めている。


 始めるには専用のポールが必要だが、宮古島市のNW体験教室で無料レンタルすることができる。体験教室は毎月第2日曜日の午前9時から下地与那覇のサニツ浜公園、毎週月曜日の午前9時からは平良の青少年の家で開かれている。


 本格的に始める前に、まずは市の体験教室に顔を出してみるのがテクニック習得には早道かも。


 レッツトライ!「NW」