宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2012年2月9日(木) 23:26

勝連 マツカマさん(95歳)(上野字新里)

嫁のご飯おいしい
1916(大正5)年12月13日生まれ



勝連 マツカマさん

勝連 マツカマさん

 デイサービスに通って7年目になる勝連さん。今でも週5回は遊びに行っている。友達との会話やゲートボール、歌を歌って、毎日を楽しく過ごしている。



 デイサービスが休みの日は、近所を散歩してから、そのまま子どもが管理している畑に行き、草むしりをする。「畑仕事は何をやっても楽しい」と話す。昼になるとキビ刈りをしている子ども、孫たちと一緒に昼食。「子どもなんかと一緒に食べるご飯がおいしい。キビ刈りの時期は子どもたちの顔が見られるからいいね。今の季節が一番好きさ」と語る。


 健康の秘訣は二つあり、一つは長男の嫁が作るご飯。「何でも上手に作る」と、いつも感心しているという。


 二つ目は、早寝早起きの規則正しい生活を送ることで、今でも続けている。


 毎日、友達との会話を楽しんだり、気ままに畑の手伝いに行ったりと、悠々自適に過ごしている。


 子ども5人、孫6人、ひ孫5人。