宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2012年2月11日(土) 9:00

銀行の財務診断など学ぶ/会計セミナー&相談会

神谷さん(中小企業診断士)が講話


セミナーには50人余りの企業経営者らが出席した=10日、平良港ターミナルビル

セミナーには50人余りの企業経営者らが出席した=10日、平良港ターミナルビル

 中小企業の経営者や企業の総務・財務担当者を対象にした「会計セミナー&経営ワンストップ相談会」(主催・宮古島商工会議所、独立行政法人中小企業基盤整備機構)の講演会と相談会が10日、平良港ターミナルビルで催された。中小企業診断士で中小機構沖縄で事業継承コーディネーターを務める神谷繁さんが「銀行から見た決算書の読み方、使い方」と題して講演した。同セミナーには50人余りの企業経営者らが出席した。



 講演で神谷さんは、銀行取引を有利に進めていくためのポイントなどを講話。企業の貸借対照表や損益計算書を銀行が、どの部分を重点的に評価するかや、経常運転資金を算出することによって、自社の銀行からの借入可能限度額を導き出すことができることなどの財務テクニックを講話した。


 市内で経営、企画情報などを扱うコンサルタント会社に勤める本村和香子さんは神谷さんの講演について、「銀行が、どのようにして融資を行うのかなどの仕組みが良く理解できた。決算時期に役立つ情報なども学ぶことができた」と感想を語っていた。


 講演会の後、「経営ワンストップ相談会」が開かれ、中小機構沖縄に登録されている中小企業診断士や社会保険労務士の専門家が個別に企業からの相談に応じていた。また、沖縄振興開発金融公庫宮古支店の担当者からは中小企業向け融資制度全般についての相談を、沖縄総合事務局知財総合支援窓口の担当者からは、商標、意匠デザイン権などの相談に応じ、20件余りの企業経営者が個別相談に訪れた。