宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2012年4月11日(水) 9:00

胸膨らませ入学式/宮古島市と多良間村の小学校

新1年生は物おじする様子もなく堂々と自らの言葉であいさつした=10日、久松小体育館

新1年生は物おじする様子もなく堂々と自らの言葉であいさつした=10日、久松小体育館

 宮古島市と多良間村の小学校で10日、入学式が行われた。在校生たちから大きな拍手で迎えられた新1年生は、校歌を斉唱したり1年生になって頑張りたいことを発表し、小学校生活に胸を膨らませた。校長や児童会長たちは歓迎のあいさつを述べ「一緒に楽しい学校にしていきましょう」と呼び掛けた。



 このうち、久松小学校(根路銘和子校長)では54人(男子27人、女子27人)の児童が入学した。在校生281人中、1年生の人数が最も多く、同校は市内でも児童数増加が顕著に表れている。


 入学式では1年生担任の砂川由美子教諭、下地千秋教諭の紹介が行われた後、入学した児童一人一人に順序よくマイクが手渡され、児童は「よろしくお願いします」と元気よくあいさつした。


 在校生、保護者、教諭らが見守る中で、新1年生は物おじする様子もなく、全員堂々と自らの言葉であいさつし、久松地域の歴史をほうふつさせるような頼もしい姿を見せていた。