2012年5月22日(火) 9:00

「受賞は住民の励み」/県きび競作会入賞祝賀会

平良、伊佐、渡久山さん讃える


盛大な祝福を受ける(右から)平良さん、伊佐さん、渡久山さん=21日、東地区構造改善センター

盛大な祝福を受ける(右から)平良さん、伊佐さん、渡久山さん=21日、東地区構造改善センター

 2011/12年期県さとうきび競作会入賞祝賀会(主催・伊良部糖業振興会)が21日、伊良部の東地区構造改善センターで開かれた。住民をはじめ県、市、JAおきなわなどの関係者らが参加。農林水産大臣賞の平良玄序さん(62)=字仲地、多量生産の部2位の伊佐善博さん(63)=字国仲、特別賞の渡久山毅さん(同)=字佐和田=の受賞を盛大に祝い、さらなる活躍を期待した。



 主催者を代表して川満恵栄会長は「伊良部から農林水産大臣賞を受賞したのは、今回が初めての快挙。平良さんは伊良部の名誉であり誇り。また伊佐さんと渡久山さんの活躍も顕著であり、住民の励みになる」とたたえた。


 下地敏彦市長は「昨年は、台風の影響でキビ生産は良くなかった。こうした中で、平良さんの10㌃当たり19㌧は驚異的な記録であり、生産農家のお手本。伊佐さんと渡久山さんの活躍には感謝でいっぱい。これからの伊良部は農業振興でさらに発展していく」と述べた。


 平良さん、伊佐さん、渡久山さんの3人は「皆さんのおかげで受賞することができた。今後も伊良部のキビ生産発展のために頑張る」と決意を新たにした。


 舞台では、趣向を凝らした琉舞などが披露され、盛り上げた。