宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2012年6月17日(日) 9:00

親子でシーサー作り

ふたば保「ふれあい広場」


シーサー作りに挑戦する親子=16日、平良西里・みやこ焼き

シーサー作りに挑戦する親子=16日、平良西里・みやこ焼き

 ふたば保育園(長田克子園長)は16日、「親子ふれあい広場」を開催し、物作りを通して親子の絆を深めた。



 このうち、4歳児とその保護者17組は、平良西里にある「みやこ焼き」でシーサー作りに挑戦。窯元の佐渡山正光さんの指導を受けながら、愛嬌たっぷりで個性豊かなシーサーを作り上げた。


 次男の咲真君(5)と一緒に参加した父親の立津一茂さん(33)は、以前に長男と参加したことがあると言い「完成すればシーサーが二つになる。オリジナルな作品に仕上げて玄関に飾りたい」と完成が待ち遠しそうだった。


 終了後は、全員でカレーライスを食べながら親子や仲間たちと会話を弾ませた。