2012年6月21日(木) 9:00

「故郷での公演夢のよう」/22日にソプラノリサイタル

砂川涼子さんが市長に抱負


開催日などを決めた運営委員会=20日、働く女性の家

開催日などを決めた運営委員会=20日、働く女性の家

 宮古島出身のソプラノ歌手砂川涼子さんが20日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、22日にマティダ市民劇場で開かれるリサイタルに向けて抱負を語った。砂川さんは「故郷で公演できるのは夢のよう。オペラの出会いの1シーンも歌う。お客さまがオペラを見たという気分になれれば」と話した。



 砂川さんは平良第一小、平良中、宮古高校卒業後、武蔵野音楽大声楽科主席卒業。同大大学院修了。1998年第34回日伊声楽コンコルソ第1位、2000年第69回日本音楽コンクール第1位・特別賞受賞など数々のコンクールで入賞を果たし、日本を代表する若手ソプラノ歌手として活躍している。


 宮古島でのリサイタルは2度目で、今回は五島記念文化賞オペラ新人賞研修成果発表と題して行われる。


 訪問を受けた下地市長は「宮古の子どもたちにも良い刺激になる。素晴らしい歌声を聞かせてほしい」と激励した。


 小学校の恩師だったという宮古合唱連盟の洲鎌律子会長が同席し「砂川さんは何よりも歌が好きだった。今回のリサイタルは五島記念文化財団が全面的にバックアップしてくれる。連盟としても協力していきたい」と話した。


 五島記念文化財団の北嶋詳子さんは「研修成果を後輩たちに見せてほしい」と期待した。


 リサイタルは午後7時開演(同6時30分開場)。2部構成で、第1部は「アヴェ・マリア」や宮古民謡「ばんがむり」など。第2部はプッチーニのオペラ「ラ・ボエーム」「マノン・レスコー」など。テノール歌手の村上敏明さんが共演。ピアノは江澤隆行さん。


 入場料は一般1999円、学生500円で全席自由。
 問い合わせは響和楽器(電話72・8434)

  • 宮古島の人口

    平成30年8月1日現在

    宮古島市 54,111 人
    27,053 人
    27,038 人
    世帯数 26,689 軒
    多良間村 1,176 人
    631 人
    545 人
    世帯数 521 軒
  • 天気


  •  

    2012年6月
    « 5月   7月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2