2012年7月28日(土) 9:00

来月24日、マティダ公演/N・Sバレエ団

長崎代表が副市長に報告


長濱副市長(左)に公演について説明する長崎代表(左から2人目)と長崎真湖さん=27日、市役所平良庁舎

長濱副市長(左)に公演について説明する長崎代表(左から2人目)と長崎真湖さん=27日、市役所平良庁舎

 N・Sバレエ団の長崎佐世代表と長崎真湖さんらが27日、市役所平良庁舎に長濱政治副市長を訪ね、8月24日にマティダ市民劇場で公演「琉球クリエイティブ in MIYAKO」を開催することを報告。当日の来場を要請した。



 伊良部出身の長崎代表が率いる同バレエ団は那覇市を拠点に活動している。今回の宮古島公演では西洋バレエと琉球舞踊を融合させた「琉球クリエイティブバレエ」を披露。またオープニングでは、国際バレエコンクールの「ユース・アメリカ・グランプリ2007」で第1位に輝いた長崎真湖さんを中心にコンクール上位入賞者らがバレエ作品「パ・キータ」を上演する。


 料金は前売り券が2000円、当日2500円。前売りはTSUTAYA沖縄宮古島店で発売。当日の開場は午後6時15分、同7時開演。


 長濱副市長を表敬訪問した長崎代表らは、宮古島公演には同バレエ団から25人が出演するほか、宮古島でバレエを学ぶ子どもや琉球國まつり太鼓のメンバーとの共演があることなどを説明し、当日の来場を要請。長濱副市長は「とても楽しそうなので、ぜひ見に行きたい」と答えた。