宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2012年8月3日(金) 9:00

「語学力高めたい」/マウイ派遣団13人が出発

まもなくの出発を長濱副市長(前列左から3人目)に報告した派遣団のメンバーたち=2日、市役所平良庁舎

まもなくの出発を長濱副市長(前列左から3人目)に報告した派遣団のメンバーたち=2日、市役所平良庁舎

 市海外ホームステイ派遣事業で、4日から14泊15日の日程でアメリカ・ハワイ州のマウイ島へ派遣される中高生が2日、市役所平良庁舎に長濱政治副市長を訪ね、出発を前に抱負を語った。



 今回、派遣されるのは中学生13人、高校生5人の計18人。派遣期間中、ハワイの大学で英会話やアメリカの文化などを学ぶほか、9日からマウイ島でホームステイを行い、ホストファミリーと交流を深める。


 平良庁舎を訪れた派遣団のメンバーたちは、長濱副市長に一人一人が英語で自己紹介。メンバーを代表して砂川結香さん(宮高2年)が「今回のプログラムを通して、コミュニケーション力や語学力を高め、将来に生かしたい。頑張ってきます」と抱負を語った。


 長濱副市長は「若いうちにほかの国を見ておくのは良いこと。宮古や日本との違いをよく見て、勉強してきてほしい」と呼び掛けた。


 市はこれまで、中学生の海外ホームステイ派遣事業参加者へは補助金を交付してきたが、高校生も対象としたのは今回が初となる。