2012年8月17日(金) 9:00

財務会計を監査へ/トライ運営 監事2人に委嘱状

市長が交付



下地市長(左手前)が監事2人に対して委嘱状を交付した=16日、市役所平良庁舎

下地市長(左手前)が監事2人に対して委嘱状を交付した=16日、市役所平良庁舎

 宮古島トライアスロン大会の運営にかかる財務会計を監査する監事に対する委嘱状交付式が16日、市役所平良庁舎で行われ下地敏彦市長から砂川恵助さん(宮古島商工会議所専務理事)と池間隆守さん(宮古島観光協会専務理事)の2人に委嘱状が交付された。





 交付式で下地市長は「国内外に知れ渡った大イベントであるトライアスロンを法令にのっとって運営するために指導監督をお願いしたい」と述べた。



 これまで、監事については、トライアスロン実行委員会の規約で「市の監査委員および琉球新報社常務取締役をもって充てる」としていた。



 しかし、市の監査委員は地方自治法において地方自治体の執行および管理を監査するものであり、一つの実行委の監査を兼ねること適当ではないなどの指摘を受け、昨年9月の実行委員会総会で監事については規約を「会長が委嘱する」に改正した。