2012年8月28日(火) 22:30

松堂 寛さん(80歳)(城辺字長北)

人生悠々


松堂 寛さん

松堂 寛さん

 ゲートボールに囲碁、釣りと多趣味で、毎日を忙しく過ごしている。一昔前は今よりも趣味が多く、振り返るとその時々の娯楽が人生を楽しく彩ってきた。得たものはたくさんの友人で、今でも深い交流が続いている。



 そんな友人たちと会う機会はデイサービス。職員が企画したゲームに興じ、終わると互いに持ち寄った菓子に舌鼓をうつ。


 加えて、物心付く頃から従事してきた農業を3年前に引退したが、今でも畑へ出掛ける習慣が残り、息子が栽培しているサトウキビを眺めに行く。「キビを見ていると気持ちが和む」と語る。


 毎週日曜日は子ども、孫、ひ孫たちが訪ねて来る。「がばおじい遊びに来たよ」とにこにこしながら、家中を走り回る。にぎやかな雰囲気が心地良いらしく「孫、ひ孫たちはかわいくてしょうがない」と微笑んだ。その表情は文字通り悠々自適そのものだ。


 子ども3人、孫6人、ひ孫4人。
 1932(昭和7)年7月20日生まれ