2012年9月26日(水) 22:30

幸せのかたち/根間 郁乃

2012.9.27 ペン遊ペン楽

 

 生まれて間もない長男を抱いて、母の運転する車に乗っていたときのこと。信号待ちの間に、小柄なおばあさんを見かけた。背中は丸みを帯び、腰は曲がり、少々がに股気味に、ちょこちょこと歩いてくる。



 以前の私なら見過ごした光景だが、ふとおばあさんの、これまでを想像した。子どもを産み、重い荷物を担ぎ、家族の食事を用意する。人のために働き、重ねてきた長い年月が、あの体のかたちに表れているのかもしれない-。


 10年前に結婚し、子どもを授かった。3人姉妹で育ったため、女の子が生まれるだろうと思い込んでいたが、5カ月目の健診でエコーを撮ると〝決定的なもの〟が見えた。まるで「おれ、男の子だよ!」と教えるように小さな足を開いて、カメラに見せてくれたのである。


 運動を兼ねて職場からの帰り道を歩くようにした。途中、西里通りの一本裏手に赤嶺産婦人科という医院があった。私が5歳のときに母は妹をそこで出産したので、私も診てもらうのを決めたのだった。穏やかな口調の先生と顔を合わせると、なんとなく心が安らいだ。


 お腹も目立ってきたころ、先生が「うーん、逆子になっていますね」と少し気になるようすで言った。「直したほうがいいんでしょうか」とたずねると「やってみましょう」と先生。当日、モニターで胎児の状態を見ながら、ゆっくり時間をかけて、お腹の上に手を置いた先生が、少しずつ慎重にまわしてゆく。数十分後には逆子が直り、私は心の中で密かに先生を〝ゴッドハンド!〟と賞賛した。


 無事に臨月を迎え、10日遅れで出産した。産まれたときの感激は言葉に尽くせないけれど、その晩、夫と手を取り合い喜んだことが忘れられない。その3年後には次男もでき、同じ産院で産まれた妹と誕生日まで一緒だった。


 妊娠は全てが順調ではなく、悲しい思いを味わったこともある。けれど先生はいつでも穏やかに「次はきっと大丈夫ですよ」と微笑んだ。長い間、たくさんの家族の喜びも哀しみも見届けてきたのだろう。入院中に世話してくださった奥様の細やかな気づかい、美しく盛り付けられたおいしい料理、ベテラン看護師さんたちのアドバイスも心に染みた。


 先生はその後まもなく産院をたたんだ。宮古島で出産できる場は限られてきて、今では総合病院と開業医の二つのみとなった。時々、産院で過ごした時間を懐かしく思い返す。


 結婚や出産を経験すれば一人前という人も多いが、幸せのかたちは人それぞれで、誰かが評価するものではないのかもしれない。私の場合、母親になっても、子どもたちはみるみる成長してゆくのに、親としてはまだ駆け出しだ。家族の手を借りながら、どうにかこうにかやっている。


 ちょっとだけ変わったとすれば、いろいろな生き方を理解したいと思うようになったことだろうか。


 私もいつか、あのおばあさんのように年を取る。それまで、自分の周りにある優しさに感謝し、少しでも恩を返しながら毎日が過ごせたらいいなと思う。
(宮古ペンクラブ会員)

  • 宮古島の人口

    令和元年10月1日現在

    宮古島市 54,752 人
    27,579 人
    27,173 人
    世帯数 27,740 軒
    多良間村 1,126 人
    602 人
    524 人
    世帯数 515 軒
  • 天気


  •  

    2012年9月
    « 8月   10月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2