2012年10月1日(月) 9:00

稽古の成果堂々と/クイチャーパラダイス

沖縄民謡愛好者が熱演


台風17号の影響で当初予定のプログラムを変更するも多彩な演目で観客を楽しませた=30日、マティダ市民劇場

台風17号の影響で当初予定のプログラムを変更するも多彩な演目で観客を楽しませた=30日、マティダ市民劇場

 平良西原出身の仲本光正さんが代表を務めるクイチャーパラダイス三線教室の宮古島発表会が30日、マティダ市民劇場で行われた。



 東京を中心に本土の教室で学ぶ沖縄民謡の愛好者約70人が晴れの舞台で稽古の成果を披露した。


 今回は、台風17号の影響で出演予定者が来島できなかったり、舞台に必要な荷物が届かなかったりなどのハプニングがあったものの、出演者たちは琉装に身を包み、沖縄の歌と踊りで会場に訪れた多くの観客を魅了した。


 また、30人による迫力の「なりやまあやぐ」の演奏には、会場から大きな拍手が起こった。