宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2012年10月15日(月) 23:23

酒勺 武人さん(24歳)/かねひで宮古店

接客に方言習得


酒勺 武人さん

酒勺 武人さん

 宮古店に配属となって3年目を迎えた酒勺さん。担当は青果で、朝、出勤すると野菜の品質チェックと品出しを行い、その後開店に伴い接客に精を出す。



 入社当初は上司の指示をこなすのに精いっぱいで、てんてこ舞いの毎日だったが、今では信頼されて、青果全般を任されることもあるとか。


 さらに接客向上を図るため、勉強していることがある。それは方言だ。接客の際に方言で話す顧客に対して、丁寧な応対ができるように宮古島出身の同僚から習っているという。


 「宮古島の人は優しいですね。接客の際に会話していると、人の温かさを感じます。宮古店に配属されて良かったです」と笑みを見せた。


 ▽プロフィル・沖縄県西原町出身。1988(昭和63)年9月5日生まれ。