宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2012年11月10日(土) 9:00

女性70人が神歌と舞/佐良浜ユークイ

五穀豊穣と大漁に感謝


向こう1年の豊漁、豊作を願い踊りを奉納するツカサンマたち=9日、伊良部佐良浜地区

向こう1年の豊漁、豊作を願い踊りを奉納するツカサンマたち=9日、伊良部佐良浜地区

 伊良部の佐良浜地区で9日、伝統祭祀「ユークイ」が行われた。ユークイ母(ンマ)と呼ばれる女性約70人が神歌を歌いながら優雅に舞い、旧年中の五穀豊穣と大漁に感謝するとともに、向こう1年の豊作豊漁を祈った。



 祈りの後、女性たちは仲間ニー御嶽の中で円を作り、神歌を歌いながら、躍動感のある踊りで喜びを表した。


 今回ユークイ母を卒業する数え年57歳の女性(インギョウンマ)たち約50人がそろいの着物で見守る中、神女役の大司母(ホゥヅカサンマ)らを中心に御嶽で踊りを奉納した。


 周囲には住民らが大勢集まり、地域の伝統祭祀を継承・発展させる女性たちに大きな拍手を送っていた。


 大司母らは「ヨーンテル、ヨーンテル(富を満ちてください)」と唱和しながら、地区内を巡り、七つの御嶽で神歌や踊りを奉納した。


 インギョウンマたちは久々の再会を楽しみ、全員で島を1周後、演芸会を開き卒業を祝いつつ旧交を温めた。