2012年11月14日(水) 16:46

過去最多45チームで熱戦

第20回宮古毎日新聞杯全宮古少年サッカー大会
第20回宮古毎日新聞杯全宮古少年サッカー大会(主催・宮古毎日新聞社、主管・宮古サッカー協会)が10、11の両日、市城辺総合運動公園で開催された。大会には高学年の部(5、6年)に15チーム、中学年の部(3、4年)に12チーム、低学年の部(幼、1、2年)に18チームの過去最多計45チームが出場。「少年サッカー宮古一」を懸け熱いプレーを繰り広げた。大会初日の10日には宮古高校サッカー部が県大会で優勝し、全国行きを決めたうれしいニュースが会場に届き大いに盛り上がった。また、11日の閉会式には決勝ゴールを決めた善平和選手が駆け付け、子供たちに激励の言葉を贈るなど記憶に残る大会となった。

敵味方で入り交じりボールを奪い合う=城辺総合運動公園

敵味方で入り交じりボールを奪い合う=城辺総合運動公園




ドリブルで持ち込みシュートを狙う

ドリブルで持ち込みシュートを狙う





体を激しくぶつけながらボールを奪い合う

体を激しくぶつけながらボールを奪い合う





相手選手からスライディングタックルを受ける

相手選手からスライディングタックルを受ける



頂点を目指し熱戦を繰り広げた平良第一ジュニア対マティダ東FC4年の中学年決勝戦

頂点を目指し熱戦を繰り広げた平良第一ジュニア対マティダ東FC4年の中学年決勝戦





チームワークと個人技で優勝を目指した下地FCフォルツァA対宮古南FCヴォルティスの低学年決勝戦

チームワークと個人技で優勝を目指した下地FCフォルツァA対宮古南FCヴォルティスの低学年決勝戦




サッカー宮古一を懸け激しいプレー展開したマティダ東FC6年A対平良第一レッズの高学年決勝戦

サッカー宮古一を懸け激しいプレー展開したマティダ東FC6年A対平良第一レッズの高学年決勝戦




強烈なシュートを止めるゴールキーパー

強烈なシュートを止めるゴールキーパー



攻守にらみ合う高学年の選手

攻守にらみ合う高学年の選手

ゴール前で競い合う選手たち

ゴール前で競い合う選手たち

一つのボールをめぐり体を張って競り合う

一つのボールをめぐり体を張って競り合う

フットワークを使い相手を交わそうとする選手

フットワークを使い相手を交わそうとする選手

敵に囲まれながらもドリブル突破を狙う

敵に囲まれながらもドリブル突破を狙う

高学年決勝戦。ヘディングで競り合う

高学年決勝戦。ヘディングで競り合う

ゴールを決め笑顔を見せる選手

ゴールを決め笑顔を見せる選手

FKを決めベンチの選手とハイタッチ。

FKを決めベンチの選手とハイタッチ。

得点のチャンス。ゴール前、キーパーと1対1に

得点のチャンス。ゴール前、キーパーと1対1に