宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2012年12月1日(土) 9:00

有効求人倍率0・04ポイント増/10月雇用の動き

高卒予定内定率は33・6%


 宮古公共職業安定所(ハローワーク宮古、岩野眞司所長)は30日、10月の雇用の動きを発表した。有効求人数は前年同月比で3・3%、有効求人倍率は0・04ポイント上昇、就職件数も7・2%増となったが、新規求人数は8・8%減で、2カ月連続での減少となった。10月末現在での高校卒業予定者の就職内定率は33・6%にとどまっている。



 新規求職申込件数は、前年同月比25件(8・8%)増の309件だったが、月間有効求職者数は75人(5・4%減)の1302人だった。


 新規求人数は239人で前年比23人(8・8%)の減となったが、前月比では24人(11・2%)増加した。新規求人を産業別に見ると、前年度より5人以上増えたのは16人増の情報通信業と6人増の運輸業。反対に5人以上減少したのは宿泊業・飲食サービス業の24人減、建設業の8人減など。


 月間有効求人数は前年比20人(3・3%)増の622人で15カ月連続での増となったが、前月比では35人(5・3%)減に。有効求人倍率は0・48倍で前年比では0・04ポイント上昇し13カ月連続での増加となったが、前月比では0・04ポイントの減少となった。


 就職件数は104件で前年比7件(7・2%)増で4カ月連続の増に。そのうち県内就職は12件(13・6%)増の100件、県外は5件(55・6%)減の4件だった。


 岩野所長は「有効求人数が15カ月連続で増加するとともに、有効求人倍率も13カ月連続で改善している。今後も堅調に推移するものと思われるが、大幅な改善材料がないことから、引き続き厳しい状況が続くものと予想している」との見通しを示した。


 新規学卒者の10月末現在の状況は、就職希望者113人(県内48人、県外65人)のうち就職内定者は38人(県内5人、県外33人)で内定率は33・6%(県内10・4%、県外50・8%)。県内内定者は前年の2人から5人に増えたが、県外が41人から33人に減少した結果、トータルで5人の減、内定率では3・2%の減となった。


 前年はゼロだった宮古管内の新規高卒者求人が今年は38人あるものの、10月末時点では1人も内定に至っていない。岩野所長は「求人があるのに動きが鈍い。内定を得るためには早めの対応が必要。今後、大卒者や一般へシフトしてしまうと高卒者が内定を得ることは難しくなる」と早急に活動を行うよう呼び掛ける。

  • 宮古島の人口

    令和2年4月1日現在

    宮古島市 54,458 人
    27,460 人
    26,998 人
    世帯数 27,853 軒
    多良間村 1,111人
    602 人
    509 人
    世帯数 514 軒
  • 天気


  •  

    2012年12月
    « 11月   1月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2