宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2012年12月17日(月) 9:00

市消防3年ぶり優勝/全宮古職域駅伝

24チームがたすきつなぐ


優勝した市消防本部チーム=16日、市陸上競技場

優勝した市消防本部チーム=16日、市陸上競技場

 第39回全宮古職域駅伝競走大会(主催・市陸上競技協会)が16日、市陸上競技場をスタート・ゴールに一周道路の比嘉ロードパークを折り返す、21㌔で行われた。16チームが参加し、7区間で健脚を競った結果、市消防本部Aが1時間17分7秒のタイムで優勝した。同チームの優勝は、3年ぶり。準優勝は宮古

ガッツポーズでゴールする市消防本部の瑞慶覧朝充選手

ガッツポーズでゴールする市消防本部の瑞慶覧朝充選手

特別支援学校。3位には宮古島リハビリ温泉病院が入った。昨年まで2連覇した航空自衛隊は、出場しなかった。6区(2㌔)を走った宮古特別支援学校の諸井勇人選手は6分9秒の区間新を出した。



 同大会は職場職員の親睦や職場間交流、競技力向上に役立てる狙いで開催している。


 参加24チームは開会式後、午後2時の号砲でスタートした。この時の気温は24・3度と暑く、駅伝には厳しい天気となった。


 各選手は汗びっしょりに歯を食いしばって力走し、優勝へ思いを一つにたすきをつないだ。沿道では職場の仲間や家族が「ガンバレ」と熱い声援を送っていた。


 優勝した消防本部Aは、1区は2位でたすきをつないだ。2区で首位に立つと、その後は差を広げ2位と秒差でゴールした。


 友利誠監督は「一人一人が一致団結して、持っている力を十二分に出してくれた」と選手の頑張りをたたえた。


 キャプテンの瑞慶覧朝充さんは「世代交換がうまくいった。若いメンバーに入れ替えて、10月から練習しその成果が出た」と勝因を分析。「若いメンバーが優勝を経験したことは、次へのステップになった」と、連覇を見据えた。

  • 宮古島の人口

    令和2年5月1日現在

    宮古島市 54,943 人
    27,752 人
    27,191 人
    世帯数 28,230 軒
    多良間村 1,111人
    600 人
    511 人
    世帯数 514 軒
  • 天気


  •  

    2012年12月
    « 11月   1月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2