2013年1月29日(火) 9:00

宮古島市は総合3位/沖縄一周駅伝

女子V 瑞慶覧、仲間が区間新


総合3位でゴールインする宮古島市の加持岳志=27日、那覇市・奥武山陸上競技場

総合3位でゴールインする宮古島市の加持岳志=27日、那覇市・奥武山陸上競技場

 【那覇支社】県知事杯第36回沖縄一周市郡対抗駅伝競走大会(主催・沖縄陸上競技協会)最終日は27日、国頭村役場前から奥武山陸上競技場までの14区間130・1㌔で争われ、宮古島市は通算16時間56分48秒で総合3位となった。女子の部は1時間24分26秒で優勝した。19区(10・7㌔)を走った瑞慶覧伸哉(宮高3年)が34分01秒で区間新記録をマーク。26区(6・4㌔)で仲間千華(愛知電機)が5人を抜く21分58秒の区間新で女子優勝に貢献した。



 本村邦彦監督は「優勝を目指したが、体調を崩すメンバーが出て区間変更を余儀なくされ3位の結果になって残念。初日前半と2日目の前半、後半にトップに立って見せ場をつくることができた。来年はさらに期待できる」とレースを振り返った。


 実業団チーム愛知電機所属の仲間は「みんなで自分の走りをして優勝を狙っていた。良い位置でたすきを持って来てくれたので、絶対に優勝出来ると思い前だけを向いて走った。来年こそはみんなで頑張って総合優勝したい」と話した。


 優勝は八重山で3年ぶり2度目。総合タイムは16時間45分2秒。3位は国頭郡で16時間45分23秒だった。