2013年2月2日(土) 9:00

市当初予算344億円/前年度比0.3%減

一括交付金13億円、41事業展開へ


 宮古島市は1日、2013年度一般会計当初予算案を発表した。総額は343億9000万円で、12年度当初予算額345億600万円に比べ1億1600万円(0・3%)の減となった。医療福祉の充実と安心子育て支援の充実など8項目を重点施策に掲げ、沖縄振興特別推進市町村交付金事業(一括交付金)41事業12億9300万円や保育所措置費保護者負担金(子ども4人以上無料化)2100万円などを計上した。歳入全体に占める自主財源の構成比は17・4%、依存財源は82・6%で、依然として国、県に頼らざるを得ない厳しい財政状況だ。予算案は27日開会予定の市議会3月定例会に提案される。



医療、福祉に重点配分


 歳入は、自主財源の柱である市税が45億1700万円で前年度比6600万円(1・5%)の増額を見込んだ。


 依存財源の地方交付税は125億2000万円で、前年度比1400万円(0・1%)の増。普通建設事業の減に伴い、国庫支出金は43億500万円で前年度比17億2800万円(40・1%)の減、市債は33億6300万円で同比3億3200万円(9・9%)それぞれ減額となった。


 県支出金は沖縄振興特別推進市町村交付金が前年度比3億4300万円増加した。


 一方、歳出は議員報酬や市長、職員の人件費が69億2100万円で、前年度比1億1800万円(1・7%)減となった。


 旅費や消耗品費、臨時職員の賃金などの物件費は46億2000万円で前年度比2億1000万円(4・6%)の増。被扶助者に対して支給する扶助費は58億8300万円。生活保護費の増加などで前年度比1億3300万円(2・3%)増えた。


 過去の借金の返済に充てる公債費は36億700万円で、前年度比7200万円(2・0%)減となった。


 国民健康保険などを含む特別会計は139億1000万円。再生エネルギー運営事業特別会計を新設した。特別会計と一般会計と合わせた総額は483億400万円で、前年度比3800万円の増となった。


 市は13年度の予算編成で、沖縄振興特別推進市町村交付金対策事業については「事業の絞り込みと優先順位を付けた計画的な配分により、観光面や各種産業面の特化を踏まえつつ、医療、福祉、教育などの各分野についても継続的かつ効率的な生活環境基盤の整備、充実を図ることができる。強くしなやかに編成を行った」としている。

  • 宮古島の人口

    平成31年4月1日現在

    宮古島市 54,060 人
    26,868 人
    27,192 人
    世帯数 27,148 軒
    多良間村 1,164 人
    626 人
    538 人
    世帯数 523 軒
  • 天気


  •  

    2013年2月
    « 1月   3月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2