2013年2月11日(月) 22:40

仲地 真美さん(21歳)/宮古島市役所介護長寿課

若さあふれる公務員一年生


仲地 真美さん

仲地 真美さん

 昨年4月1日付で宮古島市役所に本採用となった。高校卒業後、公務員を目指して専門学校に進んだだけに「うれしかったですね。父母も、祖父母も喜んでくれました」と、一次、二次の選考を乗り越えた喜びを語る。



 宮古で働きたかったと志望の動機を言うが、一年を振り返って「穏やかな事務職というイメージだったのですが、実際は管内事業所や県との業務調整の連続でと戸惑いました。慣れない敬語を用いたコミュニケーションで勉強の毎日です」と初々しい。


 その対価となる初給与については「お世話になった方々に差し上げました」と言い、記者の「現金で」の問いに間髪を入れず「はい」と太っ腹だ。続けて「残業が多いですね」と言いつつも、職場を離れるとトレーニングジムでリフレッシュ。若さあふれる日々だ。


 伊良部字長浜出身、1991(平成3)年8月13日生まれ。