2013年2月19日(火) 9:00

過去最大6988億円を計上/13年度県予算

前年度比2.7%増/新規事業43件芽出し


 【那覇支社】県は18日、2013年度の当初予算案をとりまとめ発表した。13年度の一般会計予算額は6988億円で過去最高を更新した。事業総数223件のうち、43件が新規事業で芽出しした。県は次年度を新沖縄振興計画の本格的なスタートに位置付け、これまでの最高額であった12年度予算を180億円余り(2・7%増)上回る規模で予算を編成。国の新年度予算で沖縄振興予算が増額されたことや、沖縄振興特別推進交付金(一括交付金)で県に配分される約500億円をそのまま盛り込んだことなどが増加要因となった。宮古関連新規事業では、多良間村に敷設する海底光ケーブル敷設整備費に7億9935万円を充当したほか、宮古広域公園基本計画等検討調査費に807万円を計上した。



宮古関連「広域公園計画調査」など


 このほか、離島の玄関口である宮古、新石垣、久米島空港を花で彩り離島観光のブランドイメージを高める「離島空港ちゅらゲートウェイ事業」に総額1100万円を計上。ソフト事業では離島・へき地病院に勤務予定の専門医取得研修に要する経費に1376万円を充当した。


 継続事業では「スマートエネルギーアイランド基盤構築事業」として21億1266万円を計上し、来間島での大規模実証実験等に要する経費として計上した。また、「離島観光活性化促進事業」で離島の魅力発信やチャーター便誘致、各種プロモーションで誘客を促進させるための経費として総額2億9931万円を盛り込んだ。


 このほか、高校のない離島(多良間島など)から高校進学する生徒の寄宿舎や交流拠点機能を持つ複合施設「離島児童・生徒支援センター(仮称)整備事業」の整備費として6458万円を充てた。


 県は13年度を「沖縄21世紀ビジョン」の本格稼働の年度に位置付けており、記者発表で川上好久総務部長は「新たな沖縄振興計画に沿った積極的で明確な予算措置ができた」と述べ、「昨年は一括交付金を利用した予算編成に手間が掛かったが、今回の予算編成はスムーズに行えた。より政策に沿った形の予算措置になっているかチェックをしながら進めることができた」と説明した。


 同当初予算原案は26日開会予定の県議会2月定例会に上程される。