宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2013年2月21日(木) 23:27

オリックスキャンプ便り⑯ 松葉 貴大投手(22)

開幕1軍へ「這い上がる」


松葉 貴大投手

松葉 貴大投手

 2012年ドラフト1位ルーキーが開幕1軍入りを目指す。20日の紅白戦では打ち込まれてプロの洗礼を受けたが闘志がなえることはない。「ここから這い上がっていくつもりで頑張る」と言葉に力を込めた。



 高校時代に野手に転向したが、大学に入って再び投手に戻った異色の経歴を持つ。最速149㌔の直球に加えカーブ、スライダー、ツーシームを巧みに操る投球スタイルが持ち味だ。


 プロ初のキャンプは下地球場でのB組スタートながらブルペンでは力の入った投球でアピール。20日に市民球場で行われた紅白戦登板につないだ。


 結果はバルディリス、深江に本塁打を浴び、制球にも課題を残す内容だったが反省点は明確だ。「まったく内容がないというわけではないが課題が多いと感じた」と話し、特に高低のコントロールを修正点に挙げた。体力面でも「他の選手と比較してもまだまだ。しっかり体力をつけなければならない」とプロとしての自覚を一層強めた。


 開幕まで「まだ1カ月ほどある」と話すドラフト1位左腕。期待のルーキーがプロ1年目に挑む。


 松葉 貴大(まつば・たかひろ) 1990年8月14日生まれ。東洋大姫路高-大阪体育大-オリックス。2012年のドラフト1位で入団。大学時代は阪神大学リーグでMVP2回、最優秀投手賞を2回受賞した本格派左腕。180㌢、77㌔。左投げ左打ち。背番号は11。