宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2013年2月22日(金) 23:37

オリックスキャンプ便り 終 東野 峻投手(26)

価値取り戻す1年に


東野 峻投手

東野 峻投手

 巨人に在籍し、数々の勝利に貢献してきた右腕が新天地でスタートを切った。「自分の価値というものを取り戻す」―。1軍登板機会がほとんどなかった昨シーズンの雪辱に燃える。



 2004年のドラフトで巨人に入団。2009年に先発ローテーション入りを果たすと、最速150㌔の直球に多彩な変化球を織り交ぜた投球で8勝、翌10年には2桁13勝を挙げた。


 昨シーズンオフの交換トレードでオリックスへの入団が決まり、即戦力右腕として期待は大きい。


 入団会見では「チャンスをもらったと思っている。自分が先発の核になって戦わなくてはという思いがある」と気を吐き、「常に熱いプレーを見せることができるように頑張りたい」とオリックスの一員としての自覚を内外に示した。


 その言葉通り、キャンプでは気迫あふれる投球で投手陣を盛り上げている。森脇監督に「東野は『気』がぐんぐん出ている」と言わしめるほどの内容で調整を続けており、開幕に向けて余念はない。


 今シーズンの目標は先発ローテーション入りと2桁勝利。「とにかく2桁勝ちたい。そしてファンの皆さんに早く顔を覚えてもらいたい」と決意を込めた。


 東野 峻(とうの・しゅん) 1986年7月11日生まれ。茨城県出身。鉾田一高―巨人。2004年のドラフトで入団。12年、交換トレードでオリックス。186㌢、89㌔。右投げ右打ち。背番号は17。